ご祝儀の相場について

結婚式に呼ばれた場合ご祝儀を包みますよね。でもご祝儀はいくらくらい包めばいいのか、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。ご祝儀の相場は友人や知人、親族などの場合は3万円、兄弟姉妹の場合は5万円~10万円、先輩や上司は場合は3万円~5万円が大体の相場です。また兄弟姉妹や親族など夫婦で結婚式に参加する場合は、10万円以上包むことが多いです。結婚式に呼ばれたら上記の相場を参考にしてご祝儀を包むようにしてくださいね。


ご祝儀袋の選び方について

ご祝儀袋の選び方ですが、結婚式の場合”1度きり”という意味を込めて金銀や紅白の結び切りや、あわじ結びの水引がかかったものを選ぶようにしてくださいね。間違っても”何度でも結び直せる”という意味の蝶結びの水引は選ばないようにしてください。またご祝儀袋ですが、せっかくならば豪華なものをと考える人もいるかもしれません。でもあまり立派なご祝儀袋だと中身のお祝いが伴っていないという事もあるので、ご祝儀袋は包む金額の1%程度の物を選ぶようにするよいいですよ。


ご祝儀袋の書き方について

ご祝儀袋の書き方ですが、まず表の上の方に「寿」や「御結婚御祝」などと記入します。ただご祝儀袋を購入した場合、事前に記入してあるものも多いので元々書いてあれば特に書く必要はないですよ。表の下には自分の名前を書きます。ご祝儀袋の表書きは出来れば筆ペンを使って書くのが理想ですが、うまく書けないという人は濃い太字の物であればサインペンでも大丈夫ですよ。次に中袋ですが中袋には金額はもちろんの事、住所も忘れずに記入してくださいね。金額を記入する時の注意点ですが、基本的には数字も含め難しい漢字で書いてくださいね。例えば3万円の場合だと「金参萬円」といった感じで書きます。いろいろと細かいところもありますが、マナーを守って書くようにしてくださいね。



白金の結婚式場は外観がとても印象的なので上質な雰囲気のなかで挙式を行うことができます。モダンな雰囲気も漂っているのでゲストも喜びます。